仮想通貨

ビットコインで利益を得る方法:貸仮想通貨とは

えて助。です。

ビットコインに投資を始めました。
すぐに大儲けできる訳もなく、長期保有のスタンスで構えています。

配当がでる証券などは、長期保有することで、
・長期的な基準価格の上昇 
・配当金の積み上げ
により、収支をプラスにすることが容易にできます。
※日本株を除く。
仮想通貨は「通貨」ですから、
保有しているだけでは、配当は出ず、利益が出ません。
変動する価格によって損益の収支を見るだけです。
これが株式などの証券との大きな違いです。 

投資で、最も重要な事は、負けないようにリスクを分散する事です。
ですので、先日記事にした、
アンケートサイトで元手0円で仮想通貨を獲得することは、非常に重要です。

また、えて助。が行なっている配当を重視した投資スタイルも
投資した証券から、毎月、配当金を受け取ることで、
少しずつ利確をしているということで、リスクを軽減することができています。

ですが、保有する仮想通貨には配当などが出ず、
リスクヘッジする方法は「時間」
つまりは長期保有することで、負けを回避する方法のみです。

しかし、もう一つ方法がありました。
えて助。が仮想通貨の取引んい利用している
「コインチェック」が提供するサービス「貸仮想通貨」です。

文字通り、仮想通貨の販売所に自分の所有する仮想通貨を貸し出すのです。
貸し出すことで、利息が付きビットコインで受取ることができます。

貸出し期間によって利息が変わります。
・14日間:年率1%

・30日間:年率2%

・90日間:年率3%

・365日間:年率5%

仮想通貨は、長期保有することが今のセオリーです。
保有するだけでは、何にもなりません。
貸仮想通貨のサービスを利用すれば、利回りが発生するのです!

貸出しは、最低10万円分から
。。。。。えて助。の保有額では、まだ貸出しはできません。

無理と、リスクの無いように積立を行っているのですが、
来年中には貸仮想通貨を利用できるかなぁ。。。と、
まぁ、個人事業主ですから、先の事は分かりませんけど。。。

因みに、貸仮想通貨には、デメリットも当然あります。
証券会社(取引会社)が倒産しても、個人の所有する証券(資産)は守られます。
ですが、貸仮想通貨で貸出ししている仮想通貨は、
取引会社が倒産した場合、個人に返ってきません。
めったと起こることではありませんが、
投資の世界ですから、あくまで自己責任。
リスクのことはシッカリ理解して、投資を行うことが大事です。

ゆっくりではありますが、
長期スタンスで仮想通貨に投資していく準備が整いつつあります。
投機的な価格変動に踊らされず、進めていこうと思います。

ではでは〜

仮想通貨の取引には、取引手数料0円!
貸仮想通貨のサービスも行っている
コインチェックがオススメですよ。
口座開設がまだの方は、↓こちらからどうぞ。

 
コインチェック

吹お猿が一丁前に、仮想通貨へ投資だなんて。。。

スポンサーリンク