経済・ニュース

またしても。。。ソフトバンクビジョンの崩壊。。。

えて助。です。

またしても。。。。
またしてもです。

ソフトバンクが運用する世界最大の投資ファンド「ソフトバンクビジョンファンド」
スタートからWeworkやウーバーイーツなど出資先の経営悪化により
 ビジョンファンドは大コケ。
ソフトバンクの決算も、孫社長が「真っ赤っか」というほど、創業以来の大赤字

孫社長が、これからどう経営を立て直していくのか?もしくは倒産か?
日本のメガバンクもソフトバンクに出資しているので、
ソフトバンクが倒産したら、日本経済が終わる。。。
なんて、様々な噂で世間を騒がさせていますが、

またしてもです。 (;´Д`)

ソフトバンクグループが支援する新興企業「クラウドマインズ」
ロボット工学と人工知能(AI)を手がける企業ですが、
このクラウドマインズが、 世界的に大規模な人員削減を実施していることが
ニュースになっています。
シリコンバレーにある事務所は閉鎖。
メインの収入源である中国も大幅人員削減
日本にある事務所も形式化してしまう。
原因は資金の枯渇による。。。。

IMG_0338
クラウドマインズ。。。。。

今のところ、ソフトバンクからのコメントは無し。。。。
We workと同じで、恥の上塗りのように追加資金を湯水のように投入するでしょうか。

ソフトバンクグループの株価は下がったままです。
そこを買い場として、購入する人もいるようですが。。。
これからも、出資先失敗の情報は出てきそうです。

個人投資家は、資産が大きくなればなるほど、
マイナスにならないこと。
「攻め」か「守り」でいえば「守り」 を考えることが重要です。
滝川クリステルさんは、何億の資産を個人保有しているが、
その内訳のほとんどが債券であると言われています。
利回りは低くても、元手があれば、まとまった資金を安定的に得られます。
リセッション、不況下にも強い債券。
資産をディフェンシブに固めているということです。

一方、世界で類を見ないほどの資金を集めた「ソフトバンクビジョン」は
守りを考えず、特攻部隊のように後先返り見ず、攻め続ける。
成功すれば、リターンはすごいですが、
失敗すれば、現在のソフトバンクグループの惨劇のように。。。。

そもそも、ソフトバンクグループは、投資ファンドではありません。
餅は餅屋というように、付け焼き刃で、お金があれば何でも成功する。なんて、
簡単にはいきません。

えて助。は今後もソフトバンクグループへの投資は。。
行いません。
 
ではでは〜。

ソフトバンクG、まじで大丈夫か?



1日1回、できれば応援お願いします。
 にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ



スポンサーリンク