ポートフォリオ

爆下げビットコイン:だけれでも、追加購入。問題なし!

ビットコイン大幅下落しています。

えて助。です。
仮想通貨「ビットコイン」に投資を始めましたが、
長期保有と考えてのことなので、日々の値動きは気にしないようにしています。
ですが、価格変動はやはり気になるところですし、
仮想通貨関係のニュースは、チェックしています。

今月はビットコインのニュースを多く目にすることがあります。
そんな中、やはり目に入って来るのは、
今月のビットコインの価格変動。
今月はすごいですね。
一時、1BTC=100万円まで上がったタイミングもありましたが、
ここ数日は大幅い価格を下げて、70万円代にまで下げています。

BTC 11月チャート
驚きの下落率。この先、どんなチャートイなるか気になります。

原因は中国による仮想通貨取り締まり強化

中国で仮想通貨の取締りが強化されてことが原因と言われています。
仮想通貨の先行き不安から売りに転じ、価格の下落につながったようです。
まだまだ、仮想通貨は投機的な商材として扱われるのは仕方がないことですね。
しかし、本年度あたりから、仮想通貨の本質的な価値が見直され始めました。

今年夏辺りから、一気に価格が上昇したのはその為です。
日本など先進国にいると、わかりませんが、
途上国などで自国通貨の価値が不安定な国があります。
そんな国では、自国通貨よりも仮想通貨の方が、
安心できる資産として扱われています。
それは、変動が激しい仮想通貨だとしてもです。

スポンサーリンク

資産として扱われ出した仮想通貨

そのように扱われ出した仮想通貨は、
将来的に見れば、これからも基準価格は上昇していくと見られています。

富裕層の中でも、
現状では不安定な仮想通貨であっても、
資産にある一定の割合を、仮想通貨として保有する人が
増えてきているとニュースでも報じられていました。

富裕層は、短期的な価格変動など気にしません。
仮想通貨の価値を見出し、長期的な目で見て保有し続け、
将来的に資産を形成する為に行っているのでしょう。

というわけで、追加購入しました。

短期的に根を下げて、売りに転じることは、
株式の世界でも情弱な投資家が行う、最も愚かな行動だと考えています。
価格が下落した真の理由を見て、どうするか冷静に判断するべきです。
価格を下げたからといって仮想通貨・ビットコインが破綻するわけではありません。

今回の価格下落は、資産を目減りさせたのではなく、
買いのチャンスと考えています。
※現状、えて助。も損益が出ています。
口座に入れていた資金から、3000円分、追加購入しました。
まだ、この先の状況が見えないこと。
そして、えて助。の資産の仮想通貨の比率が低いことを考えれば、
これくらいの追加購入がベストと判断しています。

仮想通貨に関しては、
長い時間をかけて取り組んでいくべきと考えています。

ではでは〜。

仮想通貨の購入は、取引手数料無料。。
定期購入・貸仮想通貨にも対応している
「コインチェック」が断然、オススメ!
口座開設がまだの人はこちらから↓
コインチェック

来年は、定期的に購入していこうかな。。。

 

スポンサーリンク