経済・ニュース

日本に投資する哀れさ。アメリカに投資する常識。

えて助。です。

日経平均2年ぶり最高値更新!なんてニュースが流れています。
・米中貿易摩擦から貿易交渉に目処がつきそうであること。
・イギリスのEU離脱に筋道がついた。
といったことが要因とういことも言われています。
おそらくそうであると思いますが、
世界の動向を要因とするものばかりで、日本の実態経済の要因ではありません。 
今の日本は「不景気」で、無いことは確かですが。。。

g_foreign_info_191204_21

こちらのグラフは、
アメリカと日本の経済指数の比較を示すグラフです。
・アメリカはダウ
・日本は日経平均

実は、アメリカ以外の先進国も、上昇率の違いはあれ、
アメリカと同じように右肩上がり。
大きな経済社会を持つ先進国では、経済成長は当たり前なのです。
ですが、正直。。。日本は終わっています。

日本人として、自国に経済の復活を願うばかりですが、
自分の資産を、虫の息のような自国に合わせて、損失してしまっては、
意味がありません。

投資の世界では、
「経済成長のある国へ投資しなければ、利益を得ることはできない。」
これが常識中の常識です。
そして、経済成長率の高い社会への投資は、
利益を得る為の選択肢は、広くなります。

スクリーンショット 2019-12-14 1.15.32

広くある= 優良な投資先が選びやすい。(簡単に選べる)です。
上記表は、SBI証券で米国投資している投資家の投資先企業ランキングです。
世界的に名の通った企業、しかもその企業は永続的に莫大な利益を
作り続けることことができる企業ばかりです。

米国投資において、著名な投資家、投資ブロガーがポートフォリオに
組み入れる銘柄ばかりです。
要は、分かりやすく、優良な、ポートフォリオを作りやすいとういことです。

一方、日本でのランキンングはというと、
スクリーンショット 2019-12-14 21.23.19

まず、日経平均連動のETFですが、
日経平均が上昇していないのに、投資する価値はありません。
ソフトバンクグループは、ソフトバンクビジョンによる大損失が明るみになりました。
この他に、投資を始めたばかりの人が、ゴーン氏逮捕後の日産自動車に人気が
集中するなど、日本において、これをすれば「安心して利益を得れる」
ものが無いんです。
アメリカの場合は、世界一の投資家ウォーレンバフェットが
「S&P500」に投資し続けるだけで、確実に資産を築けると明言できると
言い切れるほど、投資のハードルは低いのです。

もちろん、日本市場への投資で利益を得ている人は存在します。
ですが、それにはそれ相応の技術が必要で、投資初心者には難しいと感じてしまいます。
えて助。は、今現在、アメリカへの投資で少しずつ資産を増やせていけていますが、
日本市場を投資先として選んだ場合は、現在の日本市場を考えると、
確実に資産を目減りさせていたと予想できます。

日本は、経済成長も停滞している中、
高齢化社会が進行し、人口減少も始まっています。
何を考えても、投資のリスクが上がることばかりなのです。

当然、アメリカ投資へのリスク分散を考えなくてはいけませんが、
・日本経済を反映する日経平均
・利益を生み出せるビジネスモデルを持たない日本企業
に投資する気はありません。
日本に投資する場合は、それらに依存せず、
損失を限りなく抑えたソーシャルレンディング への投資方が、
100倍安心・安全です。

日本へ投資するだけで、どれだけリスクを余分に背負ってしまうか。
お分かりいただけたでしょうか?

ではでは〜。

なんでこんな日本になっちゃったんかなぁ。。。


1日1回、できれば応援お願いします。
  にほんブログ村 株ブログ 海外ETFへ

スポンサーリンク