お金。

個人事業主の年金について。

えて助。です。

今日は個人事業主の年金について。

個人事業主にとって、年金はめちゃくちゃ重要です!

えて助。も以前はサラリーマンでしたので、その時は所属会社から厚生年金保険に入っていました。

個人事業主として独立した時から、厚生年金保険 →  国民年金に切り替わります。

。。。切り替わるといっても、誰もやってくれませんからね。

これが個人事業主のデメリットです。

以前は会社がやってくれていましたが、

独立したら、全て自分でしなければいけないのです!

自分で役所に行って、担当窓口で厚生年金保険から国民年金へ切り替える依頼をします。

合わせて、健康保険 →  国民健康保険への切り替えもお忘れなく。

money-2724241__480
 年金も積立投資です。時間を掛けて育てて行きましょう。

ちなみに、切り替えには何が必要か?、事前に電話ででも確認をしてくださいね。

行ってから、アレコレ不足の物が出て、窓口でいくら文句を言っても無駄です。

不足するものは、絶対無いままでは切替えできません。取りに帰るしか術はないんです。

えて助。の個人事業は、役所との書類のやり取りもある仕事ですので、

役所に行く前は、必ず必要な物を確認してから、役所に行くようにしています。

聞く時も、少し突っ込んで、念入りに聞きます。

役所の人も、人間なんで、誰だって漏れや、間違いがありますからね。

前にも書きましたが、えて助。はルールを守らないヤツは大嫌いです。

事前に確認もせず、自分の勘違いやミスでも、

窓口で駄々こねクレーマーになってる人間いますよね。

コイツ終わってんな〜  って横でチラ見して思ってます。

役所ですから、本当に困ったことで長い時間相談されている人もいます。

そういう人との違いは、見てれば大体わかりますよね。

えて助。の場合は、事前に確認、聞いていたことと違い、それがすぐに解決できない

例えば、聞いていなかった書類で、役所とは別の場所でしか発行できないなど

そうなった時に初めて、少し優しくですが、ハッキリと言わせてもらいます。

話が逸れました。。。。

年金を国民年金に切替えるんですが、

ここで驚きの衝撃事実。

独立された諸先輩方も、同じ経験をされた方が多かったのですが。。。。

個人事業主の扶養家族ってのが、無いんです!

えて助。にはえて嫁。(笑)がいるのですが、扶養家族が無いので、

つまり、毎月年金を2人分支払いがあります。。。。。。。仕方ないですね。

ちなみに、昨年度の年収が一定以下の場合は、減免があるようです。

えて助。の昨年の青色申告は控除など含め、赤字決算でした(青色申告なのに赤字)ので、

申請して審査が通れば、年金を免除してもらえます。

免除になれば、年金は払わなくてもいいです。

払わないのに本来支払う年金月額16,410円(おおよそ)の半額8,205円は、

支払っている事にしてもらえるのです! (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

ただ、えて助。は、減免せずしっかり国民年金を支払いしています。

国民の義務ですし、年金って長く生きればお得なシステムですからね。

健康で長生きして、死ぬまで笑っているのが、えて助。の目指すところなので。

ちなみに個人事業主であれば、国民年金に付加年金というオプションがあります。

これがまた、めちゃくちゃお得なシステムになっています。

それはまた次回にでも、書かせていただきます。

ではでは〜。

 

年金はしっかり・キッチリ払いましょう〜。

スポンサーリンク