個人事業主

個人事業主にとっての病院・医療費・健康

えて助。です。

個人事業主になって、非常に意識が変わったこと。
それは、健康意識です!

病院に行けば、医療費は3割負担です。
・サラリーマンの厚生年金保険
・個人事業主の国民健康保険
今は、どちらも同じで医療費の3割負担です。
できれば、病院に行かず医療費を掛けないのがベスト。

個人事業主だけら、事業に関係ある支出は、
領収書をもらって経費に計上できます。

ですが医療費は年間20万円以上で初めて控除の申請ができるので、
大きな病気や入院でもしない限り、ほぼ経費になりません。
病院行ったら勿体無いじゃんって思ってしまいます。

ですが、
えて助。はサラリーマン時代と比べると、病院に行く機会が多くなっています。

なぜか?

仕事をするには、健康でいることが、何より大切だからです。

健康でいないと、
全力で仕事ができない →  稼げない →  生活できなくなる。
個人事業主の場合は、これがダイレクトに生活に反映されます。

はっきり言って、死活問題なんです。

野生のライオンはオス同士でメスを取り合う時、
戦いはしますが、深手をしないように戦います。
怪我をしてしまっては、狩りや縄張りを守る為に戦えなくなり、
その怪我によって命を落としてしまう可能性もあるからです。

。。。。。そんな大げさなものかどうかは別にして。

今は、
風邪を引きそうな時は、すぐに病院。(インフルエンザの可能性もあるし)
目、歯も疑わしくなれば、すぐに病院。
えて助。はお肌が敏感で弱いので、皮膚科は定期的に通っています。

医療費はもったいないですが、
働けなくなれば、その医療費すら払えなくなります。

病気にならないように、ジムに通って身体を鍛えるようにしています。
運動することで、病気になりにくい丈夫な身体になります。
。。。忙しくて中々行けないのが現実ですが。。。

IMG_8601
 定期的な運動で、病気にも掛かりにくい身体になります。

ちなみに、スポーツジムですが!
えて助。は過去、月10000円くらいのスポーツジムに通っていましたが、
無駄な出費でした。
仕事が忙しくなると通えなくなり、お金をドブに捨てるのと同じでした。
現在は市営体育館のジムに通っています。
月額費は無しで、1回400円と超リーズナブル。
設備も民間のジムと比べても大きな違いはありません。

ではでは〜。

商売するには健康が一番大事!

スポンサーリンク